バンド・バンド・バンド

 僕は定期的な個人セッションという形で、たくさんのオアイテと音楽活動を重ねています。
 とりあえず、「楽しい!」ということはとっても大事ですけど、それが次の段階に向かうということと絡んでいかなければならない、音楽療法士はそこのあたりをしつこく考えるめんどくさい作業をします。
 子どもは、目に見えて、というほどではなくても、成長していきます。体も心もだんだんと整っていくのです。それにしたがって音楽活動の中身も変わっていく。その変っていく境目のあたりを狙って、僕はいろいろと働きかけたりもするわけです。基本的には発達ということを念頭に音楽活動を組み立て、展開します。
 発達というのは、早い人もあればゆっくりな人もあるけれど、大体順番が決まっている。赤ん坊が言葉でしゃべりだす前に、いっぱいうなり声をあげたり、いろんな音を試したりして、それを楽しむおとなとのやり取りで、少しずつ言葉らしい音が出ていくわけです。
 音楽もそうした全体の発達と呼応して、ただ音の羅列のようなことからリズムが感じられるような音を生み出し、それが一定のビートで表現できるようになる。そしてその次は・・・・、というような順番があって、いきなりいい声できちんと歌うわけではないのは、誰もが知っていることです。

 で、僕はその人の現在の発達の状況を感じ取り、その次に来ることを想定して、それを活動の課題とします。
 オアイテが子どもの時は、とても有効な考え方だと思います。

 子どもは、思春期、青年期を経てやがておとなになっていきます。だからと言って、様々な能力が備わっていくわけではないので、そこを「発達障がい」などと呼ばれる人が、僕のオアイテの多くです。
 結構その人の発達上の課題は分かっている、そこを伸ばしたい、ですがそれは音楽活動をする上で、音楽療法士である僕の課題ではあっても、オアイテ自身の課題という風にはいきません。
 若者、そしておとなになったオアイテとの個人セッションで、僕はこのままではよくない、と感じてました。幸い教えるプロである音楽講師が僕のまわりにはいますので、その人に委ねることも考えました。ですが教え方が良ければ、うまくいくとも思えませんでした。

 そこでひらめいたのが、個人セッションと小グループの組み合わせ、そしてバンド活動でした。

           

 バンドは楽しい、それ以上に自分がそこへ行って音を出す、出さなきゃならない、そういう直接的なモーティベーションがオアイテの一人一人に、一気に高まりました。そして、バンドである以上、ライブ演奏を披露しなけれやならないんです。
 このことは、個人セッションでの活動をメチャメチャ活性化させました。僕だけの思いで、オアイテにお付き合いさせる音楽からオアイテ自身が自分を表現する音楽へと変わりました、と僕は感じています。

 写真は、村井楽器学園前教室で生まれたバンド、「GKM4*8(ジーケーエム・フォー・エイト)」です。
 このほか、「四咲(YoSaKu)」、そして「ハッピー」というバンドがデビューを待っているところです。

 普通のバンドと違うところは、初めに音楽のコンセプトがあって、例えばロックだからエレキとベースとドラムにキーボードみたいなことではメンバーが決まってこない。逆なんです。このメンバーで、果たしてどんな音楽が、そしてサウンドが生まれるのか、それが楽しみなところです。

at 10:33, まんどろ, 音楽・音楽療法

comments(0), trackbacks(0), - -

楽器

 今MTちいきのWebページに、様々な音楽場面に有効な楽器と、その使い方の紹介をブログに連載中です。これまでも、コンガやツリーチャイムなど、過去の実践場面を思い浮かべていろいろ書いている。
http://mt-ms.jimdo.com/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0-%E3%81%93%E3%82%93%E3%81%AA%E6%A5%BD%E5%99%A8%E3%81%AE%E4%BD%BF%E3%81%84%E6%96%B9/


 そのMTちいき主催のWSで小日山拓也さんの手作り楽器に触れることができた。
 またその小日山さんや三宅博子さんも交えた、善光寺ライブでは、お寺の鳴り物を使わせていただいたりもした。

 楽器一つ一つにはそれぞれの工夫され改良されて今の形になった歴史があるのだろうし、そうした工夫はこれからも続くに違いない。僕らが子どものころから聞いてきたピアノだとか、鍵盤ハーモニカも、メロディーやハーモニーが聞こえる前に、ある種のイメージがわいてくる。多分これは音楽の源の一つじゃないだろうか、と思う。
 小日山さんの紙太鼓も予想を超えた響きで、何かが駆り立てられる。
 僕だったら、ギターのじゃらんという響きには体ごと反応するときがある(いつもではありません)。

 ということで、楽器が楽譜にある音程やリズムを表現する道具である前に、それ自体一つの音楽世界を開くような気がする。
 いつもいつもそんなに感性を研ぎ澄ませて楽器に触れるわけではないが、そんな思いが湧いてくる。

 というのは、牧野住職の計らいで、貴重な木魚や鐘、太鼓に触れその響きに包まれたときにインスピレーションの大きさである。音はあとに続く音や沈黙の組み合わせでメロディやリズムという意味が発生して、それを音楽にしていくわけである。だが、後に何が続こうとも、あるいは続かなくてもそれ自体、一つの世界を表現していくようなサウンドもあるという感じがしたのだ。
 多分お寺の鳴り物でジャズをやったり、アンサンブルに使ったり、いろんな可能性はあるに違いないし、そういう実践はすでにいくつもあるのだろう。だが、ジャズであって、やっぱ、お寺というか、そういう音楽になるような気がしてならない。

 ここで思い出したのがダルハンチンこと村上さんの弾く馬頭琴とホーミーである。
 これなんかも、それ以外の何物でもなく、歌をやろうがインストに使おうが、馬頭琴の個性がまず先に来る気がしてならない。

 多分その楽器に込められた何世代にもわたる人々の「うた・いのり・希望」みたいなものが込められているのだろう。

 ああ、もっと丁寧にギターを弾かなけりゃ、と今この瞬間は思うのです。

at 16:24, まんどろ, 音楽・音楽療法

comments(0), trackbacks(0), - -

わくわく音楽教室での一コマ

 今日は、月1回の「わくわく音楽教室の日」でした。午前は伊勢で、午後は多気で、それぞれ違ったメンバーとグループで音楽します。様々に音楽をするのですが、今日はそれぞれが自分の気に入った太鼓を思うがまま、好きなように叩きました。これはこれでとっても楽しいのですが、そのあと一人一人、1対1でやってみました。

 写真は安田先生と安田君。別に勝負ではありませんが、もちろん真剣です。

 こんな風なリズムのやり取りを、ほかのメンバーは楽しんで聴いていて、折々、控えめですが、手拍子なども出てきました。
 みんな音楽してるんです!

   


     下は多気のグループです。
    近頃僕はカホンに乗っかってリズム遊びをすることが
    多いのです。
                     

at 20:01, まんどろ, 音楽・音楽療法

comments(2), trackbacks(0), - -

楽器・プレイ

 MTちいき(NPO法人三重音楽療法地域推進協会)の公式サイトの中で楽器紹介のブログを始めました。毎週ひとつずつ記事が増える仕組みになってます。
 楽器を演奏することを英語だと Play プレイ と言いますが、Playは楽器じゃなくても、スポーツをやる場合にも使う言葉だし、もともと遊び、戯れるという意味合いだと思います。
 
 ピアノやギターだと、ソロだったり、合奏だったり、歌の伴奏だったりするシーンがすぐ思い浮かびますけど、これはプレイでも演奏って感じです。でもこれがおもちゃの太鼓だったりしたら、演奏には使えなくて、子どもの遊び道具と受け止めてしまうでしょう。実はこれもプレイですよね。僕はピアノでもギターでも演奏じゃない、戯れのプレイを楽しむ方法があると信じて、そんな使い方をしてます。

 見慣れない楽器、どう扱っていいかよくわからない楽器も少なくありませんが、大体の楽器は見ただけで触りたくなる、やってみたくなる(プレイしてみたくなる)ものだと思います。楽器は繊細なつくりになっているものが多く、慎重に扱わなければならないのは事実ですけれど、演奏して壊れるということは、よほどの欠陥品でない限りないことだと思います。楽器が壊れるのは多くの場合、移動させたり、暑い車の中に長時間放置したり、落っことしたり(これは演奏中起こるかも)した時ですよねえ。

 ですので、僕は楽器と出会い、戯れる、そういうことを願って、オアイテの皆さんに楽器に触れてもらえるように最大限の努力をします。渡したとたんに鳴り出したりしたら嬉しくなってしまう。もう音楽が始まってる、それにのっかっていこう、と思うわけです。

 音楽療法の研修会でも楽器紹介、ということはいっぱいありますが、「これ、どうやって鳴らすんですか?」という質問があって「お好きにどうぞ」みたいな応えがよくあります。多くの人の気持ちの中に、楽器は勝手に触っちゃいけない、みたいなことが大きい気がします。特に音楽の教育を受けた方ほど、そういうことをきちんとしつけられてるかも知れません。でも触り方を教わった時点で、楽器との出会いの一番大事なところが抜けてしまうんじゃないでしょうか。

 そんな思いで一つずつ楽器の紹介しながら、僕なりの使い方のブログでつづっております。ぜひのぞいてみてください。
  下のURLで楽器のブログをクリックしてください。

  楽器のブログ
http://mt-ms.jimdo.com/

at 08:24, まんどろ, 音楽・音楽療法

comments(0), trackbacks(0), - -