音楽の力、ほどく・ほどける

 昨日は、毎月やっている「ライブスペース勢の!」の第44回でした。

 「勢の!」は、毎回、毎回、心に沁みる音・音楽にダイレクトに触れることが、いともやすやすと起こるコンサートですが、昨日は久々に高揚し、その余韻で一夜明けた今も高ぶっています。

 昨日はいろいろなスペシャルがありました。
 ますは、東京から長津結一郎さん、彼は東京芸大に入学した年に僕を訪ねてくれ、今は芸大の博士になった人ですが、その長津さんを久々に地元に迎え、彼がライブを喜んだことも、僕にとって誇らしく嬉しいことでした。
 また、昨日のステージでの出演者5組(長津さんも含めて)のパフォーマンスが、それぞれに力のこもったものであり、そのパワーがストレートにお客様に伝わる実感を持てたことにも、ライブの仕掛け人としては「我が意を得た」のでした。

 ですが、何にもまして僕を揺さぶったのは、僕もメンバーの一員として必死に演奏した「エール」のパフォーマンスが起こした渦のすさまじさ、であったことを確信しています。

 これまでたびたび、様々に紹介してきたグループ「エール」というのは、尾鷲の若者5人の障がいのある人たちのバンドです。この人たちは、僕の音楽療法のグループセッションとしてスタートし、ギターを中心とした合奏に取り組んでからは「バンド」という意識を持って、活動を重ねてきたという経緯があります。そこへ3年ほど前から安田陽子さんが加わって、一挙に演奏の幅が拡がり、急な階段を駆け上がるようにかっこよくなっていったのでした。ほのぼのとか、心温まるとか、じゃなくて、かっこいいのです。


 昨日は、「ヘビーローテーション」「涙そうそう」「サバの女王」の3曲の予定でステージに臨み、アンコールに応えて「インザムード」もやってきました。
 最初の一音から、と言いたいところですが、その前からですね、みんながそれぞれにステージサイドに出てきただけで、何をどうこうしなくても、その場に居合わせる人たちの笑顔を誘うわけです。
 そして、わりと要領よく、自分たちのパフォーマンスに入ります。そうなんです。エールはもう何度も何度もいろんなシチュエーションでライブを経験しているのです。
 曲を支えるのは、確かに手練れのピアニストである安田さんで、僕も必死にギターを弾いていきます。ですが、それは指揮をするとか、枠組みを作るとか、みんなをまとめるとかいうのとは全然違うんです。確かにピアノとギターによるメロディやハーモニーそれに基本的なリズムは、ある種メンバー同士のきずなの一つの現れだとは思うけど、一人一人は、まるで自由、悪く言えば自分勝手と言ってもいいくらいなんです。ですが、音楽はバシッ、バシッと決まっていく。
 もし僕や安田さんが事細かに教えていけば、彼らはその通りにやることもできるでしょう。でもそれはつまらない音楽にしかならない。

 役割として、安田さんのピアノや僕のギターは、バンド全体のよりどころではある。で、彼らもそれは気にしつつ、しかし自由に動き、奏で、まずは僕の心をほどき(多分安田さんの心も)、自在な「エール」の音楽を形成していくのです。
 僕はこのバンドのプロデューサー、そしてこのステージのディレクター、という意識も持っていて、彼らの立ち位置、マイクの扱いなどにも気を配る、ということをしているつもりなんですけど、そんな僕の次元の低い「配慮」なんか全然いらないことを思い知らされました。僕はひたすらギターをかき鳴らして、彼らと一緒になって音楽を創っていったと実感しています。経験が自信となり、メンバーひとりひとりが、自分のパフォーマンスがどこに向かって力を出し切るのか、体得しているのです。

 そして、「エール」の演奏はお客様の心もほどいて行ったに違いないのです。

 昨日のライブでは、実は、昨日は僕と普段個人セッションをしている幼稚園のお子さんも観客の一人として参加していました。いずれこの子にもステージに立つ経験をしてもらいたいので、お誘いしていたのです。たくさんのおとなが陣取っているホールに入っていくのも、スピーカーを通して拡がる様々な楽器や声はキャパシティを超えた大音響になって、不安をあおったのかも知れません。この子はお父さんにしがみついて、耳をふさぎ、部屋に入ろうとはしませんでした。ドア越しに誘いましたが、僕はそれ以上の無理はしませんでした。

 その後、自分の出演もありましたからこの子のことをすっかり忘れて、いつ入室したのかは分かりませんが、あとで、「エール」の演奏をノリノリで全身で楽しむ姿があったということを聞かされました。
 この子にとってはコンサートの観客になるには、幾重にも壁があったのでしょうけれど、「エール」にこの子の気持ちを解きほどく力があり、その子にもほどける気持ちのままに楽しむ力があったのだと思います。

 様々な音楽を楽しみ、たくさんの感動的なシーンを体験し、その勢いのままに教職を辞し「音楽療法士」に転身した僕が、ご褒美をもらったような時間でした。
  

at 05:38, まんどろ, ライブと音楽

comments(2), trackbacks(0), - -

ライブスペース勢の!の即興演奏

 ライブスペース勢の!は、もう一つのブログでいろいろご紹介もしていますが、うまいもへたもない、その人がそのまま出るようなライブシーンを目指して、毎月毎月やっています。

 僕はこの場に普段の音楽療法のセッションでは僕のオアイテとなっている人と、太鼓やピアノやギターでしょっちゅう即興演奏を披露しています。この形にならない即興演奏は、ライブスペースの重要なプログラムになってきている、と秘かに自負してます。

 
 仕上がった演奏の美しさも、もちろん素晴らしい。子どもの場合は、そこに至る道筋まで見えるようで、感動的でさえあります。そういうのも、ライブスペースではたくさん披露されてきました。

 即興は、演じる方もどうなるのかよくは分からない場合がたくさんあって、とにかく音を出して、やっているうちに会場のお客様の手拍子が出てきたり、またかたずをのんで見つめるようなまなざしが行き交ったりします。その時、何とは言えないような音楽が開場の中で揺れ動きながら拡がっていくような感じがします。


 実は、今、音楽が形作られていくこの即興シーンを「音楽療法学会・東海支部大会」で少し発表しようと膨大なビデオのデータを編集しております。

 時間がかかるし、まめな仕事が苦手な僕には、面倒なことこの上ないんですけど、それでも即興シーンを見返していると、不安も失敗も見えて、そんな中から音を交し合える歓びが立ち上がってくるのがよみがえり、元気になれます。

at 15:13, まんどろ, ライブと音楽

comments(0), trackbacks(0), - -

ライブスペース勢の!って、スバラシイ!!

 毎月、毎月行われる、ジャンルや技術の水準による垣根を作らないコンサート。

 もう一つのブログの方で掲載される写真からも、楽しげな様子はご想像いただけると思います。まして何回かエントリーしてくださった方なら、目に浮かぶというものでしょう・・・。

 なんでこんなに楽しいんだろうと、・・・。楽しいんだからそれでいいわけで、何も言葉はいらない、とも思うわけですけど。そこはそれ、音楽で起こったあれこれを説明し語るのが仕事の一部である音楽療法士のかなしい性(サガ)でして・・・。(というよりも、説明好きの僕がそんな道を歩んでいるだけ)。


 コンサートですから、やる側とそれをみる側があって、そこのところはとても大事にされています。音響面でもそうですけど、見た目にもステージの晴れやかさがある。
 出演者は、それぞれ経験によっても違うことでしょうけど、その人なりの緊張感を漂わせる。

 そういう場所で、形としては演奏とは呼びにくいような、まさに原初的なコミュニケーションの音のやり取りが披露される。
 普通の音楽教室のレッスンなら、それは形になる前の土台だから、発表会では見せることない姿です。
 しかし、そこでは、まさに音が生まれる時のその人の精一杯の意志やエネルギーが垣間見えます。

 その時、観客の多くは同じリズムで、それこそ固唾を飲んで演奏者を見守っているのです。

 確かに音を発したのは、演奏したその人です。打ち出され、弾き出された音は、会場を漂い、その音を発する行為の積み重なり、シークエンスと呼べばよいでしょうか、そういう音の連なりと間合いが音楽になって拡がっていくように感じます。

 とても緊張感の高いものですが、それを行う人の姿は時にユーモラスであり、観客の心持ちを和らげ、屈託ない笑顔や笑いを誘いだします。

 これは、普段の音楽療法のセッションでもなかなか見られない。つまりコンサートという仕掛け(これには準備や裏方が大活躍)があって初めて、起こることなのでしょう。


 昨日の勢の!の1時間もそんなふうに素敵に流れていきました。そして流れ消え去るのではなく、多くの人の心にしっかりとした印象を残し、それが糧となって次への歩みが始まるケースもあるのに違いありません(もちろん、いつでも誰でもということじゃない)。

 長年声楽家としてご自身の演奏活動をされるだけでなく、指導者としても活躍された先生が、昨日残されたメッセージには
 「みなさん個性あり 音楽の原点と思います ありがとうございます」とありました。


 「音楽の原点」という言葉は、長く音楽教育に携わられた方からこれまでにも承りました。僕も本当にそう思います。

 お互いの息遣いを感じ合いながら、生まれる音、そしてイメージ通り音の快感と、意外な音の可笑しさ、その絡み合いですよねえ。どんな複雑そうに見える音楽もそんな風に始まったのに違いありません。
 そういう原点を目の前で見る(それには観客自身も音楽する心を開示してないとダメですけど)、ライブスペース勢の!の魅力の主要な一つであることは間違いないと思います。

at 11:03, まんどろ, ライブと音楽

comments(0), trackbacks(0), - -

明野小学校でのライブコンサート

 11月22日、伊勢市小俣町の明野小学校の全校集会で、グループ・エールのライブコンサートが行われました。
 

 今回は30分ということで、ギターの曲を並べました。

 エールというのは、毎月1回、僕と安田陽子さんが尾鷲に出かけて音楽を楽しんでいるグループで、メンバーは、水谷たいちさん・坂本じゅんぺいさん・加藤ようすけさん(3人は20代前半のおとな)・北川しゅんくん・石橋りなちゃん(2人は高3)の5人プラス僕、吉田ゆたかと安田ようこさんです。

 コンサートは、AKBのヘビーローテーションで始まり、続いてしゅんくんりなちゃんのボーカルで「翼をください」「涙そうそう」。2人はギターを抱えての弾き語り、ようすけさんは、得意の指揮、もちろんメンバー指揮するわけですけど、それ以上に観客へのアピール鋭い、身体パフォーマンスです。

 この日は、僕が指揮者を紹介するつもりで
 「指揮をしてくくれるのは、・・・」と言いかけたら、会場から「ハイ」と手が挙がり、びっくりするやら嬉しいやら、1年生のいっさくんにご登場願った次第です。まだ曲紹介もしていない段階でしたので、子どもたちのやる気が伝わります。そこでようすけさんとの2人指揮で「翼をください」をやりました。
 しゅんくんもりなちゃんもしっかりと歌いました。マイクを使う僕らのサウンドに飲み込まれてはいたと思うけど、観客の子どもたちもそれぞれしっかり歌ってくれたことでしょう。
 
 1年生の指揮者には退場願って、「涙そうそう」。これもようすけさんの面目躍如の指揮パフォーマンに会場が和み、歌声が重ねられていったことでしょう。

 次はギターインスト曲として、「エルクンバンチェロ」と「インザムード」
    

 みんなマイクに向かって自分の音をしっかりと届けます。たいちさんは、格別に人と合わせようとはせず、自分流儀にやりますが、それがまた、僕らのアンサンブル豊かにする。あってるんです。
 この演奏は、自分で言うのもおこがましいのですけど、かんたんギターのオープン奏(右手のストロークだけで左手の押弦はいらない)が、メチャメチャかっこよくいかされる曲で、それというのも、キーボードを弾く陽子さんが本当にうまいんですよ・・・。
 で、僕は、普通のチューニングで普通にコードを押さえて弾くんですけど、こういうのはあんまり経験なく、「必死」です。

 とにかくかっこいいんで、いっぺん見てもらいたいかな・・・・。

 今回のライブを見てくれた、ある人は
「プロになって全国を周るるべきだ。AKBなんかやらされてる振付だけど、エールは体の内からあふれ出るエネルギーが形になってる。だから見てるだけでわくわくして、自分の心も体も踊りだす」と最大限の賛辞を送ってくれました。

 実は、僕も常々そう思ってるんで、我が意を得て満足でした。

    

 上の写真で、フロントからさらに跳びだして、やっているのが、ようすけさんとじゅんぺいさん。
 動画も見てもらいたいです(いずれ見れるようにいたします)。

 後ろのメンバーとの間でマスクをしたオペレーターは、瀧竜之介さんです。あんまり名前がかっこいいので、いつもはそのことしか言わないけど、実は彼の丹念な作業があって、あのダイナミックなステージが実現するんです。感謝!


 5曲を終え、子どもたちや先生方にも立ち上がってもらい「世界中の子どもたちが」一緒になって歌いました。
 皆さんとっても喜んでくださいました。

 これで一応プログラムは終わりました。

 ですが、会場では僕らの演奏をきっかけに子どもたちのエネルギーがふつふつと湧き上がっているの感じ、僕は勝手にもう1曲やってしまいました。「上を向いて歩こう」です。

 
 何が起こったでしょうか?

 どこかで誰かが始めたんだと思うけど、子どもたちはその場でぴょんぴょんしだしたんです。ぴょんぴょんは拡がり、つながっていくのでした。僕がギターを弾いて、その曲が「上を向いて歩こう」ということは、もうどうでもいいんです。ここに至る音楽する心の積み重なりが、このエキサイティングなシーンを生んだの間違いありません。

 自らを表現し、その屈託ない姿が人々の心を解き放っていく、そうすると、そこからまた新たな一人一人の表現が生まれ、渦になっていく・・・・。

 ちょっとかっこよすぎるいい方ですけど、僕はエールのみんなと一緒にやれたことを、そんな風に実感しました。

 みなさんどうもありがとうございました。 

at 09:52, まんどろ, ライブと音楽

comments(0), trackbacks(0), - -

出会いのライブinたまき、報告

 10月12日、夜玉城町保健福祉会館ふれあいホールで、極上の出会いが150名を超えるお客様を交えたライブコンサートで実現しました。

 オープニングを務めたのは地元玉丸城太鼓保存会による、力強い演奏。
 
  

 このグループはすでに20年を超えるキャリアを重ねています。ですが、僕は、恥ずかしながらごくごくご近所にいながら、その厳粛な演奏にまともに触れるのは初めてのことでした。

 

 このグループには小学生・中学生もいて、華やいで、それでいて初々しい、観る者の気持ちを温かくする太鼓を披露してくれました。

 

 力強さと同時に動きのある太鼓、そして酔っ払いまで登場する軽妙な演出もあり、観客を魅了して30分のステージを華やかに締めくくりました。

 こんなステージの後で、自分たちが音を出していいんだろうか・・・、共演の安田陽子さんと少しビビりながら、僕もギターを抱えました。

  

 ピアノとギターで”Je Te Veux”というエリック・サティのシャンソンを軽やかに奏でた後、安田陽子さんは鍵盤ハーモニカに持ち替えて、僕が弾くギターに歌う感じでメロディを浮かべてくれました。
 “スカボロ・フェア”、そして“ダスト・マイ・ブルーム”、これは僕がギターレッスンで習った曲ですが、楽譜を追って必死に演奏するという、僕にとっては生まれて初めての経験をさせてもらいました。
 お客様はそんな未熟なギターをあたたく見守り、何より安田さんのキーボードプレイに魅せられ、「そのピアニカは特別製ですか?」と後で質問が出たほどでした。

 そしてアメージング・グレース。
  

 素晴らしい歌声で、お客様を包み込み、僕らのファーストステージをとっても良い感じで締めくくってくれました。僕は伴奏が拙いのが申し訳ない気持ちと、歌姫のプロデュースに成功した満足感が入り混じりながら、まあ、太鼓からサックスへのつなぎはうまくいったことを感じ、嬉しかったです。


   

 いよいよ渡部登場。この人のサックスは、ただ鳴ってるんじゃなくて、その時々の思いが伝わるんですねえ・・・・。渡部さんのことは別にまたゆっくり書きます。

 フィナーレです。僕は音楽は通い合うことだと思っていて、どうしてもそれを実感する場面が欲しい。出演者全員がステージに上がり、お客様と一緒に「上を向いて歩こう」「ふるさと」を歌いました。

  

 そう、これはステージの僕のいつもの姿で、こういうのはお手の物って感じで、楽しくやりました。最後は太鼓グループの篠笛で、「ふるさと」その清らかな音色にしみじみと今日の出会いの素晴らしさをかみしめてもらえたんじゃあないかと、主催者としては大満足して終えました。

 ざっとした報告ですが、玉丸城太鼓のこと、渡部さんのこと、安田さんと僕が始めた演奏活動のことなど、また改めて書いていこうと思います。

at 09:08, まんどろ, ライブと音楽

comments(0), trackbacks(0), - -

ライブスペース勢の!

 陸前高田から帰ってきた日の午後は、恒例のライブスペース勢の!でした。

 音楽する、それもオーディエンスを前に演奏する、そりゃあ緊張もしますよねえ・・・。

 その本番ならでは緊張感、そして普段はあり得ない大勢のお客様のまなざし、失敗したらやり直しても構わないとは言うものの、与えられるステージの時間は限られたもので、だらだらとうやるわけにはいかない、そういうことがちゃんぽん、あるいはないまぜ、はたまたごっちゃになって、普段とは違うものが生まれてくる。

 そこには技術的なミスとか失敗はいっぱいあることでしょうけれど、ダメなことはひとつもない。それがライブですよねえ・・・。ライブは今生きてる、というあかしでもあります。


 ライブスペース勢の!のブログに、その一瞬を切り取ったナイスショットが掲載されてますし、ライブのご案内やちょっとしたエッセイも載りますので、是非是非ご覧くださいね。

 

at 09:27, まんどろ, ライブと音楽

comments(0), trackbacks(0), - -

ライブスペース勢の!

 ひと月遅れですが、4月の勢の!の出演者の写真がアップされました。

 出演する人にとっては、「真顔」と「笑顔」が交錯するわけで、刻々と移ろう表情の一瞬が亀本さんのカメラで切り取られています。その場に居合わせなかった方々にもなんとなく雰囲気が伝わるのではないかと思います。

 次の更新をどうぞお楽しみにお待ちください。

at 21:46, まんどろ, ライブと音楽

comments(0), trackbacks(0), - -

ギターで伴奏

 僕はギターをジャガジャガ弾いていっぱい伴奏をしてきました。自分が歌うときも、たいていはギターを弾いていないと落ち着かないので、弾き語りというスタイルになります。音楽療法でも盛んに即興的なギター伴奏をやってます。

 ここ1〜2年は村井楽器で知り合ったピアノ講師の安田陽子先生にピアノでの伴奏をお願いするシーンも多くなり、自分勝手なテンポや突然のブレイクなんかやって、安田先生に妙な緊張を強いるようなこともたくさんしてきました。


 いつもいつも伴奏をしていただいているので、今度は僕が伴奏するから歌ってください、ということになりました。安田先生はもちろん手練れのピアニストですが、歌も只者ではありません。

 ということで、「ライブスペース勢の!」を目指して安田先生の指定の曲、「風になりたい」と「アメージング・グレース」をやることになったわけです。


       


 その時の写真です。

 コードを弾いていくだけですので、そんなに難しいことをしたわけではありませんけど、心地よく歌ってもらうためには、妙なミスは避けなければなりませんし、伴奏がテンポよく流れるには、ただ弾くのとはわけが違う、ノリを作っていかなけりゃあなりません。
 多少不慣れな指遣いも、やめておこうというわけにもいきません。

 

 それやこれやで、伴奏に求められる技術というものの壁を大変に思い知り、でも後にも引けずやってしまいました。


 安田先生がお客様をうっとりさせる味わい深い歌声を響かせている間、冷や汗をかきつつ頑張りました。

 これは4月の「ライブスペース勢の!」の一コマでしたが、実は昨日5月の勢の!があって、そこでも奥村さんという仲間が作ったオリジナル曲の披露で伴奏に回りました。


 とても楽しい緊張感を味わいましたが、

 「修行は続くよいつまでも」って感じがします。

 また誰かの即興じゃない伴奏をしてしまうかも知れません。性懲りもなく・・・・・。

at 06:34, まんどろ, ライブと音楽

comments(0), trackbacks(0), - -

「エール」のライブ、田丸小学校にて

 2011年11月11日、11時ごろは、田丸小学校の児童の皆さんと先生方を前に、総勢11名でお邪魔して「エール」のライブコンサートをご披露する、そのまっ最中でした。


 「エール」では、仲間内だけのセッション、内輪の仲間を前にしてのセッション、そして初めてお会いする方もたくさんある中でコンサート形式のセッション、僕らはいろんな音楽のシーンを経験して、少しずつ、一人ひとりのパワーアップとバンドとしてのまとまりや一体感を醸成してきたと思います。


 きのうは小学生400名ほどの皆さんに見てもらうわけで、これもこれまでとはちょっと違った状況ではありました。
 ライブのライブたるゆえんは、それこそ生きた息遣いを感じあって音楽することに尽きるでしょう。僕らは楽器の演奏や歌がうまくなるためのトレーニング的な練習はしたことがありません。いつだって、なるだけ耳を開いて、聴こえてくるサウンドやそのサウンドを生み出す間合いの気合みたいなものを感じながら音を出し合ってきたのです。

 
 そんな僕らの音楽の楽しみ方が見てくれた小学生や先生方にもどれだけか伝われば嬉しい限りです。

 田丸小の即席バンド「ウルトラボンバーズ」と僕のギターのセッションも、それこそ即興的な雰囲気を醸し出してやってみました。そこにはギターという何とも魅力的な道具があるからですが、ウルトラボンバーズの小6の男の子は、単に自分勝手にギターをかき鳴らすのではなく、また「大きな古時計」を演奏したのですが、曲をさくさくとやるのでもなく、それこそ勝手にストロークしながらも、僕のギターを聴き、混ざり合い、僕のゆさぶりにも心地よく応じてくれたのです。彼と僕はとっても楽しい交流を果たせましたし、そのシーンをみんなに見てもらったことは、ホントに素敵なことでした。


 コンサートの最後にみんなで「上を向いて歩こう」を歌いました。

 僕は、手拍子をするか、隣の人と手をつないで歌おうと、控え目にですが提案をしてみました。低学年の子どもはともかく、高学年ともなると手をつなぐのを嫌がるかとも思ったのですが、見事にたくさんの手と手がつながれて、とっても大きな力のこもった歌声を返してくれました。

 最初は僕がリードしながら歌うつもりでもいたのですが、僕自身も思いっきり歌うことで子どもたちに応じて行きました。そしてエンディングでは、フェイドアウトするように声を弱め
 
ると、戸惑いながらも子どもたちも合わせてきました。殆ど声が聞こえないくらいにまで弱まったところで、再び大声でララララとやると、みんな笑顔で応じてきました。


 場や状況に応じて、相手を聴きながら自分を出し、自分であって自分だけではないサウンドが生まれていく、まさにライブの醍醐味をほんの少し演出できたのではないかと、満足して帰りました。

 実は「エール」も毎回毎回そんな風に音楽を楽しむことを繰り返し、折々発表の場で緊張感も味わいながら、ステージアップしている真っ最中の、ほんの一こまでした。

 貴重な機会を与えてくださった田丸小学校の先生方に感謝の気持ちでいっぱいです。

at 10:21, まんどろ, ライブと音楽

comments(2), trackbacks(0), - -