<< クレムスの町 | main | バンド・バンド・バンド >>

クレムスでの宿舎

 大会の参加申し込みと同時に宿舎の手配もお願いしました。ホテルではなく大学の学生寮のようなところです。バカンスで学生が皆引き払っているところを大会参加者のために開放されたものと思います。
 これがまあ、立派な建物で、とても雰囲気のあるところでした。
 
 部屋のドアには一応僕の名前が書かれてありました。
 中は、ベッドも二つあって、おそらく普段は2人で暮らせるように設えられているようでした。
今時のことですから、Wifiはフリーです 
散らかしっぱなしでも十分なスペースです。
シャワーやトイレも清潔に完備されておりました。

 
           窓からは中庭が見えますが、こんなところで暮らせる人はうらやましい。

 これ、廊下です。
 遠くにドアが見えますけど、これが重々しいドアで、開閉のたびにガ〜ンと響きます。
 建物のセクションごとにこのドアがあるんですけど、いくつもドア通り抜けて、食堂に行きます。

 パンにシリアル、チーズにハム、ヨーグルト、フルーツ、飲み物もコーヒー、牛乳、ジュースなど、いずれも種類がある程度揃っていて、しかもおいしい。普段朝食は抜く習慣の僕ですが、ここではついたくさん食べてしまいました。

 実はこの宿舎、大きくて立派なので探し当てるのは、さほど苦労はなかったんですけど、入口が見つけられず、スーツケースをごろごろ、また階段では担ぎながら、1時間以上歩く羽目に陥りました。最初教えられた入口には全部施錠され入れない。尋ねようにもそこいらに人はいない。結局大会会場まで戻ってもう一度尋ねると、今度は反対側の入り口を教えられ、どうにか分かったものの、そこも施錠。本当にうろうろしました。最終的に建物の大きさからみるとあまりに小さい案内表示を発見して、無事に入ることができました。部屋で服を脱ぐとシャツはもちろん、ズボンのベルトまでぐっしょりと濡れておりました。
 
 ですが、ここでの4泊は、なかなか味わえない体験で、大いに満足でした。

at 09:42, まんどろ, -

comments(2), trackbacks(0), - -

comment
やすだよん, 2014/07/31 10:11 AM

クレムスなんて聞いたことないし、オーストリアもスウェーデンもほとんど知らなかったけど、吉田先生のお陰でちょっぴり身近に思えます。今度はエールのみんなで行きたいなあ^^

まんどろ, 2014/07/31 6:45 PM

今度の大会に行こうなんて思わなければ、一生クレムスという街は知らずに済んだかもしれません。と言っても、名前を覚えたほかに何か詳しく分かるようになたわけでもないんですけど・・・。みんなで行きたいですねえ・・・。










trackback
url:http://blog.mf-mandoro.net/trackback/221