<< バンド・バンド・バンド | main | 三陸方面仮設住宅訪問の音楽療法士 >>

音楽が生まれる、時、場所・・・

 2014年9月28日、「ミュージックフェスティバル2014」と銘打って、ここ数年、村井楽器を舞台に様々に展開してきた音楽活動を取りまとめてご披露するイベントを行いました。
 数年というのは、大体5〜6年くらいと思いますが、この間、楽器店の音楽教室として定期的な音楽療法活動をに行い、また毎月毎月「ライブスペース勢の!」というコンサートを続けてきました。
 まだしみじみするのは早いのですが、この過程で感じるのは、まず、人と人の新たなネットワークがしっかりと育ってきたこと、そして僕自身を含めてその人その人に向ければ、その人の音楽や音楽観が確実に変ってきました。それが一つの形になったのが「即興」という、誰でもいきなり参加できる音楽のスタイルと言うか、そういうものが身近で自然な音楽になってきたことに現れていると思います。
 それとステージに慣れてきた人が増えたこと。障がいがあろうとなかろうと、誰でもステージではヒーロー、ヒロイン、自分を表現できるのです。そんなパフォーマーが僕の周りにたくさんいる。
 もちろんステージには裏も表もある。この裏がとっても大事ですけど、いわゆる裏方も着実に育ってきたように感じます。

 で、「ミュージックフェスティバル2014」では、お集まりくださったオーディエンスが皆一緒になって即興することを目当てに、プログラム構成をし、展開したところでした。
 そこの成り行きは、実に様々な絡みがあって、僕も掌握し切れてませんけど、事前に仕組み、仕掛けてうまく行ったこと、それにつれて起こってくるのが、僕なんかが「思いもしない」出来事の展開でした。このドラマは、後日ゆっくりとまとめてみたいと思います。

 「ミュージックフェスティバル2014」は、参加者が音・音楽を感じ、思うが儘に音を出し、そこになりゆく音楽に身を任せたり、また自分の意志で動きだしたり、動きを止めたりたりする場でした。おいでくださった方の多くは、多分うなづいていただけるんじゃあないでしょうか・・・。
 そしてもう一つ、そんな音楽や自分について、物思う、あるいは考えるきっかけともなることを願い、三重大学の根津知佳子先生のコメントを挟んでみました。先生はとってもやさしい言葉づかいで、僕らのやろうとすることを解説してくださいました。
 その時のお話の要点のひとつが「音・音楽が生まれる」、まさにそういうことが今起こっているというふうに語ってくださいました。そしてその音・音楽は体を心を行き交い、自分に気づき、人と向き合い、交歓する場となるということです。
 なぜ、「即興」などということを試みるか、ということの答えがそこにある気がしました。


 「ミュージックフェスティバル2014」の1週間後、名古屋向かいました。そこでは新倉タケオさんのドキュメント映画の上映と彼のパフォーマンスがあるということで、
台風接近で帰りの心配な尾鷲の仲間たち一緒に出掛けました。
 僕自身はこの映画はもう見たことがあるのですが、今回仲間と一緒に見れたことはよかったです。
 音楽が教えたり、教わったりするのではなく、「生まれる」ものであること、それをみんなが共感を持って、感じ取れたと思います。
 音楽は「生まれ」て、すぐに「消えて」いきます。もちろん音楽にも形はあるでしょうが、それは目に見えるようなものではなく、やっぱ消えていくんです。でもその消えたはずの音楽が今度は僕らを生かし、活かすことにもなる、僕はそう思っています。


 タケオさんのエネルギッシュなドラムやダンス、それももちろんですがその時その場へのチャレンジみたいなことも、実に心地よく感じました。妙な思いなしの入る余地のないきっぱりとしたパファーマンスが会場のみんなを酔わせたのでした。

 音・音楽が生まれ、それを意識した途端にその音楽は消えている。自分を信じる気持ちや、人と人のつながる歓びの想いを残して。

 

at 09:35, まんどろ, 音楽

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.mf-mandoro.net/trackback/223