<< 即興 | main | 2015年度の始まり >>

2015年の始まり

 昨夜少しだけ吹雪いたようですが、起き出して雨戸をあけると、陽光まぶしく、消え残った雪もきらきらまばゆい朝となりました。
 昨年のことを取りまとめて反省しようと考えたのは12月の初めでしたが、だらだらと日が過ぎ、正月を迎えております。

 2014年は、僕にとっていつになく実りある出会いと体験に恵まれた年であったように思います。毎月のように普段経験できないようなことが身の回りで起こり(そのいくつは僕自身が仕掛けに行ったものですが)、次へのつながりを実感できる出会いが多くありました。
 一つ一つはもちろんばらばらに起こり、別々の経過をたどっていますが、僕の中では、それらが絡み合って僕自身に多くの気づきと喜びをもたらしました。

 それをいくつかの塊として整理してみると、まず、孫の誕生とその後の目を見張る成長ぶりに間近に接したことです。娘は海外駐在勤務の夫とアメリカ暮らしをしてそこで長男を生みました。妊娠中帰省がままならなかったこともあって、出産後、ちょうど去年の正月休みですが、長期に親元に滞在ました。また、昨年は、3年間の海外勤務から東京での本社勤務になって、その時点で住む家も十分には整っていなかったことから、6月に長期に我が家にやってきました。そんなことで僕は2歳の孫娘といろいろ遊びました。
 ここ数年、僕は2人の孫を通して、新生児、乳児期、そして1歳から2歳、そして2歳から3歳という、それぞれ特徴のはっきりした時期に孫と積極的に関わり、たくさんのことを学びました。魔の2歳、と呼ばれる時期に娘とやり取りしたことで、僕は「自閉」と呼ばれる様々な認知行動特性と相通ずるものをたくさん発見して、自閉症への理解が一気に深まりました。
 これからは、弟の方が徐々にその時期に向かい、娘は3歳児の様々な姿を僕に教えてくれるはずです。

 これは、もちろん家族のことでもありますが、音楽療法を生業とする僕にとっては、大変身になる研修、実習でもありました。すべり台を置いたスタジオが、僕らの遊びの現場となりました。

 もう一つの塊は、僕が長年続けてきた地域で生きる音楽療法の在り方について、ある程度ビジョンが明確になるような出来事が重なったことです。
 昨年7月、オーストリアのウィーン近郊のクレムスという街で音楽療法の世界大会があり、ここで、発表の機会を与えられ、英語でプレゼンを行いました。原稿の準備では、これまでの研究発表とは全然違う体験をすることとなりました。英語の原稿は自分で書けるわけではなく、何人かの英語に堪能な方の援助を得ました。
 日本語だと何となく書けてしまうことが、英語にできない。それは英語力の問題ではなく、自分の考えの不明瞭さにあることは明白でした。日本語での論文構成⇒日本語による記述⇒英訳、この3つを行ったり来たりしなければ、理解できる英語にはなりませんでした。最終的に英語になって、初めて自分のイメージが新たに明確になったことがたくさんありました。
 さてそのようなことを試行錯誤、右往左往を繰り返しながら、楽器店をベースにした自分の活動を、僕はいくつかの図にまとめることができました。そして、見えてきたものがあるような気がしたのです。
 また、この世界大会では、いろんな人と出会いました。挨拶を交わす、ということもありましたが、それ以上に自分の音楽活動を見直すうえで、もってこいであったと思うのです。そして、僕は自分のやろうとすることに少し自信を持ちました。


 3つ目の塊は「即興」の現場に居合わせる歓びに関わることです。
 音楽療法の音楽は、「即興」と呼ぶかどうかは、どうでもいいのですが、とにかく即興なのです。即興には様々な理屈の部分もあるでしょうけど、とにかく即興の現場に居合わせ、そこで体験すること、これが大事で、音楽療法の一つ一つのセッションもそれ以外の何物でもないと思います。
 即興は地図のない旅ですから、旅に出ようと湧き上がるものがなければ始まりようがありません。
 その湧き上がるものを共にする歓びこそ音楽の本質であり、音楽療法の真骨頂に違いありません。

 昨年はそんな現場を次々体験しました。中でも印象に残るのが、NPO法人音楽療法地域推進協会(MTちいき)が主催した「ミュージックフェスティバル2014」での200人の即興シーン。そしてもう一つはミュージシャン新倉壮朗さんとのセッションです。
 即興という音楽活動に慣れているとは到底思われない観衆が様々な楽器を手にして、音のうねりに加わっていく様、なかなかに迫力のあるものでした。
 また新倉さんは、言葉を使わないコミュニケーションの達人で、そこには湧きあがる思い、それを形にする楽器との真剣な戯れがあふれ出ていました。ちょっとやそっとではないのです。あふれるほどの思いこそ、即興が人を感動させるのでしょう、多分・・・・。

 4つ目は、音楽療法学会のことです。まあこれは、個人レベルの感傷にも似た気分ですが、僕が音楽療法の学会というものを知るきっかけをくださった遠山文吉先生との名古屋大会での再会、そしてそこでは、なんとあの日野原重明理事長の車いすを押すなど、間近にサポートする役割を与えられていたのでした。学会でホンマいろんな経験をさせていただいて幸せでした。

 というようなことが昨年、次々に起こり、今日に至っています。

 まあ、今年もぼちぼちと頑張ろう、いやほどほど十分ですが、などと思っているところです。

at 11:27, まんどろ, 日記

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.mf-mandoro.net/trackback/227